大人のための夏の汗対策|わきがクリームで体臭、加齢臭を全力ブロック!わきがの原因、改善情報サイト。

もう悩まない!わきが対策アカデミー

トップページ > わきが対策徹底研究 > 汗について(汗対策) > 大人のための夏の汗対策

大人のための夏の汗対策

大人のための夏の汗対策

間もなく蒸し暑い梅雨も明け夏本番になってきました。
じっとしていても全身から汗が噴き出してくる季節ですね。
この季節に気になるのが、汗の臭い!

満員電車での通勤など「うわぁ!隣の人汗クサ!自分も汗臭いんじゃないか?」なんて考えたりした経験ありますよね?

汗の臭いで一番気になるのはやっぱり脇の臭いではないでしょうか?
顔や手足など色んな箇所に汗をかくのになぜ、脇ほど臭わないのか?逆になんで脇の汗だけに匂うんでしょうか?

脇の汗が匂う理由

脇の汗が匂う理由

汗腺(汗が出る個所)には『エクリン汗腺』『アポクリン汗腺』の2種類があります。
私たちが運動したり暑い箇所にいる時にかく汗は「エクリン汗腺」から分泌されるものです。
エクリン汗腺は身体の至る箇所にあります。この「エクリン汗腺」からかく汗は、おもに体温調節をするためにかく汗を分泌します。
この「エクリン汗腺」からかく汗は99%が水分と1%の塩分でできているので、臭いをあまり出しません。

一方、「アポクリン汗腺」はわきの下の脇毛部分や乳輪周り、胸毛の一部、外陰部の外側(まんこ)に存在します。
この「アポクリン汗腺」からかく汗はタンパク質が毛穴から分泌し、これがワキガの臭いの原因になります。

実は、この「アポクリン汗腺」からかく汗が臭いわけではありません!
暑い時にかく汗は、基本的に「無臭」です。
しかし、「アポクリン汗腺」でつくられたタンパク質が脂分や雑菌・細菌と混ざり、酸化する事であの匂いを発します。

ワキガや体臭・口臭が過剰になりやすい人の特徴

・両親や兄弟、または近い親戚に「ワキガ」の人がいる
・脇毛・胸毛などの体毛が濃い
・汗をかきやすい(多汗症)
・肉類や乳製品など「動物性タンパク質」をよく食べる
・早食い、大食い
・お酒やたばこが好き
・不安や緊張などを感じやすく、ストレスを良くため込んでいる

すぐにできる汗のにおい対策

①汗をすぐに拭き取る

汗をすぐに拭き取る

すぐにできる改善策として、汗をかいたらすぐに拭き取るという対策があります。 先ほども記載しましたが、臭いの原因は菌です。
菌が、実際に汗をかいてから臭いを放つまで時間が約2時間と言われています。
なので、それまでに汗③を拭きとってしまえば対策できます。

普段の生活で、人間が1日にかく汗の量は約700~900ml、およそ1リットルと言われています。
汗をかいたら、こまめにふき取りましょう。

②通気性のイイ下着を身につける

通気性のイイ下着を身につける

雑菌は汗や蒸れが大好きです。
蒸れを抑えるために通気性のイイ下着をつけるとイイでしょう。メッシュや綿素材のものを着用するとイイと思います。
またシャツを着る際にインナーを身につけるなどして、汗を吸収してくれるのでお勧めです。
それでも心配な方は、汗わき用パッドなども使うとイイですよね


この2つ以外にも、雑菌が繁殖しにくい体質をつくることが大切です。

LINEで送る
Pocket

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

口コミ募集!!

↑ページトップに戻る