多汗症に効くツボを押してみよう!|わきがクリームで体臭、加齢臭を全力ブロック!わきがの原因、改善情報サイト。

もう悩まない!わきが対策アカデミー

トップページ > わきが対策徹底研究 > 汗について(汗対策) > 多汗症に効くツボを押してみよう!

多汗症に効くツボを押してみよう!

多汗症に効くツボを押してみよう!

汗っかきの人が、常に悩んでいるところに『どうやったら、汗が止まるんだろう?』と言う悩みがあると思います。

汗は、体に不要なものを排除したり体温を覚ましたりと色々体には重要な役割があるのですが、汗をかきたいくな場面や量が異常に多かったりと思い通りにはなかなかいかないものです。

汗を止める方法をいろいろ、試してみている人もいると思いますが、『ツボ』は試しましたか?実は、汗を止める『ツボ』があるんです。今回は、その汗を止めるツボについてご紹介したいと思います。

手のひらにあるツボ

陰げき(いんげき)

陰げき(いんげき)

手首周辺にあるツボで、小指の付け根からそのまま手首に移動し、ひじの方向に1.5cmおろした部分にあります。押してみると、ジンジンとしびれる感覚があれば、このツボを押せているでしょう。

このツボで期待できるのが、身体の余分な体熱を取る効果です。やはり熱が出ると汗をかいてしまいますよね。その原因を抑える効果があります。気になる方は押してみてください。

後谿(こうけい)

後谿(こうけい)

感情線の近くにあるツボで、肩こりや腰痛などにも効果があると言われているツボです。
このツボの効果も「陰げき(いんげき)」と同じように体熱を抑える働きがあります。
場所は、感情腺の付け根の部分です。※グーをすると膨らむ場所です。
気になる方は押してみてください。この場所なら、誰にも気づかれづに押すことが可能ですね!

合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

手の甲にあるツボです。このツボは色々な効果があり『最強のツボ』とも言われています。主に、頭痛や便秘・喉の痛みなどに効果があります。

場所は、手の甲の人差し指と親指の骨が合流する場所から、さらに人差し指よりの場所にあります。この辺かなぁと思う場所を押していくと、若干のくぼみがあると思います。そこが「合谷(ごうこく)」です。
このツボは、体内の水分量を調整してくれる効果と熱の調整を行ってくれます。

足にあるツボ

復溜(ふくりゅう)

復溜(ふくりゅう)

足の内くるぶしにあるツボです。足のむくみや冷え性に効果があります。『汗』との関係としては、水分代謝異常に効果があるツボです。

探し方として、内くるぶしから指2本分上の位置にあります。お風呂に入りながらや部屋でテレビを見ながらなど気付いた時に押してみてはいかがでしょうか?

身体にあるツボ

身柱(しんちゅう)

身柱(しんちゅう)

背中近くにあるツボで、身体の熱を沈めてくれる効果があります。その他の効果としては、自律神経失調症や頭痛にも効果が期待できます。
場所としては、首の後のつけ根部分にある大きく飛び出た骨から下に3つ分下がった場所にあります。
一人ではなかなか手が届かない場所にありますので、パートナーの方にマッサージと一緒におしてもらってもいいかもしれませんね。

大包(だいほう)

大包(だいほう)

脇の下近くにあるこのツボは、汗を止める効果が期待できます。その他にも喘息や関節痛などにも効果があります。
場所としては、ワキに手を入れるとちょうど小指が当たる部分にあります。

夏でも、舞妓さんが汗をかかないのはこのツボを帯で押しているからとも言われています。

ほかにもいろいろありますよ

いかがでしたか?汗を止める1つの方法として『ツボを押してみる』と言うのもイイかもしれませんね。
他にもいろいろなツボがありますので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

口コミ募集!!

↑ページトップに戻る