【わきが用語集】ヒアルロン酸とは|わきがクリームで体臭、加齢臭を全力ブロック!わきがの原因、改善情報サイト。

もう悩まない!わきが対策アカデミー

トップページ > わきが対策徹底研究 > 用語集 > ハ行 > 【わきが用語集】ヒアルロン酸とは

【わきが用語集】ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸(ヒアルロンさん、英: hyaluronic acid)は、グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。学術上はヒアルロナン(英: hyaluronan)と呼ぶ。

利用

関節炎や角結膜上皮障害の治療薬、白内障・角膜移植手術時における前房保持剤として利用するほか、過酸化水素水と混ぜ合わせたものをがんの放射線治療の増感剤として用いたり、化粧品などに保湿成分として添加する。

また、ヒアルロン酸入り化粧水を利用したシャボン玉液がある[1]。これはヒアルロン酸の保水力や粘性の大きさに着目したもので、割れにくいシャボン玉になる。毛糸の手袋や軍手を使用すると、弾ませることができる。

経口摂取

人体の水分維持に貢献しているヒアルロン酸だが、それを補うとして、健康食品・サプリメントとしてヒアルロン酸の経口摂取を謳った商品(いわゆる「飲むヒアルロン酸」)が存在する。変形性膝関節症に対するヒアルロン酸の経口摂取によるヒトでの有効性については、『飲むヒアルロン酸』が宣伝されているが、効果不十分のため特定保健用食品にも認定されていない。ヒアルロン酸は飲んでも分解されて全身に散らばり、関節液に有効量移行する量を飲むことは実際に不可能であり、医学的に効果を証明されていない。

経口摂取による皮膚の水分量増加が報告されている[3]。また、腸管のTLR4受容体に結合することで、自己免疫疾患を抑制する可能性が示唆されている。

ヒアルロン酸の基本構造はグルクロン酸とN-アセチルグルコサミンの2糖が直鎖上に交互に結合した繰り返し構造であり、その結合はβ-1,3グリコシド結合およびβ-1,4グリコシド結合で、ヒアルロニダーゼによって加水分解されることが知られている。

また、ヒアルロン酸は、既存添加物として厚生労働省に認められている[6]。安全性についてはLD50 2400 mg/kg/day以上(マウス、経口投与)[7]、変異原性試験の陰性[8]が確認されている。キユーピーから、食用の「ヒアロジュレ」が業務用に発売されている

引用|『ウィキペディア日本語版』ヒアルロン酸 (2016年10月29日 02:12 (UTC))

LINEで送る
Pocket

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

口コミ募集!!

↑ページトップに戻る