【わきが用語集】ボトックスとは|わきがクリームで体臭、加齢臭を全力ブロック!わきがの原因、改善情報サイト。

もう悩まない!わきが対策アカデミー

トップページ > わきが対策徹底研究 > 用語集 > ハ行 > 【わきが用語集】ボトックスとは

【わきが用語集】ボトックスとは

ボトックスはボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種で、神経伝達物質「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きがあります。例えば、筋肉が緊張している部分にボトックスを注入すると、神経を通して送られる「筋肉を動かせ!」という命令が弱められ、筋肉がリラックスした状態になるのです。

ボトックスは1970年代から眼科、神経内科において、顔面チックや斜視、斜頚など、筋肉の活動亢進から起こる多くの疾患に用いられており、日本でも眼瞼痙攣の治療薬として、1997年4月から厚生労働省の認可を受けており、その安全性はすでに確立されています。

美容治療に応用され始めたのは1980年代後半からで、2002年にはしわ治療薬として米FDA(米食品医薬品局)認可を受けました。他にカナダなどの5ヶ国で承認済みであり、フランスでも承認される見通しです。

美容治療の目的で、約70ヶ国で使用されており、最近では、その手軽さから爆発的な人気を集めています。また近年、多汗症の治療など他の様々な医療への応用の可能性が注目され、世界中で研究が続けられています。

ボトックスの効果

眉間の縦ジワ、額の横ジワ、目尻のカラスの足跡のようなシワには、ボトックス注入が有効です。シワを取るというよりも、つくらないようにするという考え方から生まれた治療法です。ボトックスは人体に無害なタンパク質の一種で、筋肉の収縮を弱め、麻痺させることで、シワ取り効果が得られます。

ボトックスを注入することで、その部位の肌のハリも現れ、10歳ほど若返って見える方が多くアンチエイジングにお勧めの手軽な方法です。

適切な量を、適切な筋肉内に注入します。注入後の腫れや痛みはほとんどありません。

また、えらの筋肉に注入することにより「小顔」にしたり、脇下に注入し多汗症を改善することも可能です。
注射後、2,3日後より効果が現れ始め1週間後には効果を実感していただけます。

引用|ボトックス注射

LINEで送る
Pocket

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

口コミ募集!!

↑ページトップに戻る