意外と知らないボトックス注射について|わきがクリームで体臭、加齢臭を全力ブロック!わきがの原因、改善情報サイト。

もう悩まない!わきが対策アカデミー

トップページ > わきが対策徹底研究 > わきが辞典 > 意外と知らないボトックス注射について

意外と知らないボトックス注射について

意外と知らないボトックス注射について

わきが治療について調べていくと「ボトックス注射」という施術が出てくると思います。
では、「ボトックス注射」とはどういった施術なのでしょうか?
いまさら聞けない「ボトックス注射」について調べてみました。

ボトックスとは?

ボツリヌス毒素製剤の一つで、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)がつくるタンパク質(ボツリヌストキシン)を薬として加工されたものです。
1980年代から本格的に医学へ応用されています。特に美容整形で眉間や目尻のしわとりなどに仕様されています。

ボトックスの効果

ボトックスは筋肉を支配する神経に取り込まれて、その神経をマヒさせます。その結果、注射された筋肉を弛緩させることが出来ます。

わきが治療でのボトックス注射の効果

メスをつかわない施術として人気のボトックス注射。わきがの治療ではどのような効果があるのでしょうか?
ボトックス注射によってニオイのもととなるアポクリン汗腺や汗のもととなるエクリン汗腺の働きを衰えさせる効果のあります。
ニオイと汗量を軽減させる治療です。

ボトックス注射の施術時間は約10分ととても短いのも特徴です。
効果は半年から1年ほど持続します。
繰り返し注射を行うことによって、持続時間が長くなったり、効果が増したりします。

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射のメリットとして価格の安さがあります。
他の施術に比べ安いので気軽に打つことが出来ます。

また、脇を切開する施術ではないので傷跡が残ったり、レーザー治療のように炎症が出たり腫れを起こすことがありません。
注射後にすぐに普段の生活に戻ることが出来ます。
効果が出るのは数日後なのですが、徐々に汗腺の働きを抑えるので周りの友達や会社の人に気づかれにくいです。

ボトックス注射のデメリット

ボトックス注射のデメリットとして考えられるのはやはり、効果期間ではないでしょうか?
上記でも記載しましたが、ボトックス注射の有効期間として半年から1年で効果が薄れてきてしまいますので、再度注射やほかの施術をおこなわなければいけません。

まとめ

いかがでしたか?
ボトックス注射は効果の有効期間がありますが、夏場など薄着になる期間だけなど期間限定での使用でしたらとても有効な施術ではないでしょうか?

LINEで送る
Pocket

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

口コミ募集!!

↑ページトップに戻る