子供にわきがを伝える時の大事なポイント|わきがクリームで体臭、加齢臭を全力ブロック!わきがの原因、改善情報サイト。

もう悩まない!わきが対策アカデミー

トップページ > わきが対策徹底研究 > 子どものわきがについて > 子供にわきがを伝える時の大事なポイント

子供にわきがを伝える時の大事なポイント

子供にわきがを伝える時の大事なポイント

自分の子供がもしわきがだったら、親としてはどのように伝えればいいか深刻な問題だと思います。

わきがは、遺伝するものなので夫婦どちらかのわきがが遺伝したのであれば、とても申し訳ない気持ちになってしまします。

しかし、現在はわきがの対策として、食生活の改善や制汗スプレー・わきが対策クリームなど様々なものがあり、日々のケアで臭いを抑えることが出来ます。
それでも気になる場合は、手術などでアポクリン汗腺を除去することも可能です。

従って、どうやって子供にわきがであることを自然に伝えるかが、問題になってきます。

正直に話せる関係を日常的に築いておく

正直に話せる関係を日常的に築いておく

正直に話せる関係であれば、思い切って正直に話してしまう事をお勧めします。
そして、全力で子供のわきがをケアする体制を取ってあげましょう。

①わきが対策クリームを塗ってあげたる
②制汗スプレーをもたせる
③洗濯の回数を増やしてあげる
④臭いの原因になる食事を極力減らす

などの対策をおこなえば、わきがの臭いを抑えることが出来るはずです。

自分の子供に正直にわきがであることを告げた場合、やはり落ち込むでしょう。しかし、周りの友達に気づかれることはほとんどないので周囲から傷つけられたり、いじめにあったりする可能性は低くなります。

また、早い段階で対策をおこなうことによって、長い目で見ると一番子供が傷つかない方法だと思います。

大人になればケアするものだと思いこませる

大人になればケアするものだと思いこませる

制汗スプレーやわきが対策クリームを日常的に親が使用するところを子供に見せて、
「大人になったらみんなこういう物を使うんだよ・・・」
「こういう物を使うのは大人の身だしなみなんだよ・・・」
と子供に思いこませておきましょう。

その後、中学生や高校生になったときに、自然な形で制汗スプレーやわきが対策クリームを使用させることが出来るはずです。
「部活の後に汗をかくと臭くなるからこれを付けなさい!」
「洗濯物に汗の臭いが混ざるのが嫌だからこれ付けときなさい!」
などの口実で渡せるのではないでしょうか?

学校や部室などはやはり汗臭いものです。子供にとっても日常的なものなので自然に受けっとって使用してくれるはずです。

この方法の注意点としては決して「わきが」であることを伝えないことです。
相手は思春期の子供ですので、デリケートな問題です。

バレないようにケアしてあげる

バレないようにケアしてあげる

効果はあまりないかもしれませんが、子供にバレないように、肉類や油ものを減らした食事にしたり、洗濯の時に消臭効果の高い洗剤で毎日洗濯してあげたり、石鹸をわきが対策用のものに変えたり子供にバレない角度でわきがの対策をおこなうことも可能です。

LINEで送る
Pocket

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

口コミ募集!!

↑ページトップに戻る